周辺観光

周辺のみどころ

会津若松城(鶴ヶ城)

伊達政宗、上杉景勝、蒲生氏郷、加藤嘉明など著名な戦国大名が入城し、江戸時代には会津松平家の居城となった会津若松城。現在は資料館として会津の歴史を今に伝えています。

達沢不動滝

いなわしろ新八景の第二番、ふくしまの水三十選の一つ。 不動明王が祀られており、岩肌に沿って水が簾のように流れ落ちる高さ10m、幅16mの豪快な男滝と、向かってその西側にひっそりとたたずむ優美な女滝からなります。

大内宿

茅葺き屋根の民家がずらりと並ぶ大内宿。周囲を囲む奥会津の山々に彩られます。 当館よりお車で60分ほど。

猪苗代湖

日本で4番目に大きい猪苗代湖は、磐梯朝日国立公園に属し、日本百景にも選定されています。 季節の花々や紅葉など四季折々の自然が美しく、その雄大さを感じられる福島県を代表する観光地。

只見線

西会津と魚沼地方を結ぶ只見線。只見川に沿ってゆっくりと走り、何と言っても沿線を流れる只見川や雄大な山々が四季を通して織り成す絶景が魅力。

五色沼

磐梯山の噴火によって裏磐梯にできた大小さまざまな湖沼群。毘沙門沼・弁天沼をはじめとするいくつかの沼の総称です。 水生植物や藻、流入する火山性の水の影響で様々な色合いに映ります。(お車で約60分)

塔のへつり

へつりとは、方言で川に沿った断崖のこと。 長い年月の侵食と風化によって断崖が削られてできた数々の奇岩・怪石を彩られた木々が染め上げます。 当館よりお車で70分ほど。

飯盛山

白虎隊士19名が眠る飯盛山。中腹には歴史資料館があり、戊辰戦争当時の貴重な資料を展示しています。

会津武家屋敷

7,000坪の敷地に会津藩家老・西郷頼母邸を復元しております。