周辺観光

周辺のみどころ

大内宿

2/8・9には、団子さしや歌謡ショー、太鼓演奏など2日間に渡り イベント盛りだくさんの「大内宿雪まつり」が開催。 雪灯籠の明かりに照らされ、幻想的な雰囲気。 夜の打ち上げ花火も必見!

猪苗代湖

日本で4番目に大きい猪苗代湖は、磐梯朝日国立公園に属し、日本百景にも選定されています。 季節の花々や紅葉など四季折々の自然が美しく、その雄大さを感じられる福島県を代表する観光地。 その猪苗代湖の冬の風物詩として知られるのが、遠くシベリアから毎年飛来する「白鳥」と、厳冬期に風で飛び散った湖面の波しぶきが周囲の木々などに凍り付く「しぶき氷」。 どちらも寒さ厳しい時期だけの、期間限定のお楽しみです。

只見線

例年の見頃は10月下旬~11月上旬。 西会津と魚沼地方を結ぶ只見線。只見線の車窓からの紅葉も見事です。

五色沼

磐梯山の噴火によって裏磐梯にできた大小さまざまな湖沼群。そのなかでも代表的なものが五色沼。毘沙門沼・弁天沼をはじめとするいくつかの沼の総称です。 水生植物や藻、流入する火山性の水の影響で様々な色合いに映り、秋は更に紅葉が彩ります。片道約3.6kmのトレッキングコースが整備されており、ボートからの景色を楽しむこともできますよ。 例年の見頃は10月中旬~10月下旬。当館よりお車で56分ほどです。

塔のへつり

へつりとは、方言で川に沿った断崖のこと。 長い年月の侵食と風化によって断崖が削られてできた数々の奇岩・怪石を紅葉が染め上げます。 紅葉は10月下旬が見頃。当館よりお車で47分ほど。

会津若松城(鶴ヶ城)

伊達政宗、上杉景勝、蒲生氏郷、加藤嘉明など著名な戦国大名が入城し、江戸時代には会津松平家の居城となった会津若松城。現在は資料館として会津の歴史を今に伝えています。

飯盛山

白虎隊士19名が眠る飯盛山。中腹には歴史資料館があり、戊辰戦争当時の貴重な資料を展示しています。

会津武家屋敷

7,000坪の敷地に会津藩家老・西郷頼母邸を復元しております。